雨量の日光の心待ち?水たまりをかけぬける。

    窓を開けると自ずと降雨が降っている。
    早朝はお日様が差していたから、今日は晴れ上がるかと思ったんだけど。
    今は梅雨ですもんね、何時降ったっておかしくない。
    晴れてるうちに、ショッピングすませておけばよかったかなぁ。
    そんなことを考えながら、近くの公園を受かる。
    きちんと舗装された道路を歩けば足もとも濡れないんだけど、草の生えた道路なき道路を歩いたほうが抜け道なんだよね。
    小雨だから普段の靴を履いてきちゃったしな。
    どっちに行こうか耐えるという、もはやセルフの自分が話しかけてきた。
    「えぇい、躊躇うな僕。たまには濡れちゃえ!」
    そうね、時折濡れるのも良いかな。
    まんまともうセルフの自分に乗せられ、グラウンドの上に一歩歩きを踏み出すという、そこはいまやぬかるみになっていて。
    「きゃぁ、しまった。ほんのり、靴が汚れるー!」
    通常です、という自分に突っ込みを入れたくなりながら、急いで二度と片方の歩きを前に出すと、今度はちっちゃな水たまり。
    「えー、草で水たまりが思えなかったよ、まさか待ってーー!」
    ってまぁこういう連続で、普通逆戻りもせず、慌てふためきながら小走りで道路なき道路を突っ切った。
    「いざ、やりきったゾ。」
    変な幸福で満たされながら、なんとなく思い起こしたやり方。
    そういえば乳児の内、水たまりで遊ぶのがオススメスポットだった。
    靴は汚れたけど、久しぶりにちびっこにかえった意欲。良い。
    …も、今や次は止めるかなぁ(笑)http://xn--8drzew9w100bxlj.com/