的場文男ジョッキーを嫌いな競馬マニアはいない

    大井競馬加入の的場ジョッキーは59歳として現役のジョッキーだ。
    トータル6888勝(内核心4勝)は背景4位の抑圧回数だ。
    大井の帝王と呼ばれ競馬ファンから親しまれています。
    数々のビックレースを手にしてきた的場ジョッキーですが、都内ダービーだけは勝つことができません。
    2016カテゴリーまで35回出走して2着9回という数値だ。
    的場ジョッキーはもしも都内ダービーを勝っていればもはやジョッキーは辞めていたかもしれないと言及しています。
    自分の間近に的場ジョッキーの大ファンの男性がいらっしゃる。
    以前の都内ダービーの太陽、的場ジョッキーは2番人気の馬に騎乗、2着でレースを終えました。
    結果レースのパドックで的場ジョッキーに野次をとばす親父がいたそうです。
    載りほうがヘタですとか、これから終わりちまえなど、しつこいほどだったそうです。
    的場ジョッキーが本馬場へ消えてしまってから、親父は「そんなんだからダービー損するんだよ」って寂しみたいにつぶやいたそうです。
    親父は的場ジョッキーが大好きです。ですから彼氏にダービーを勝ってほしかった。
    ですから、不甲斐ない騎乗を見て野次をとばしたのです。
    間近はその親父が愛おしくもらい「こんな親父になりたい」と思ったそうです。
    毎年、的場ジョッキーがタービーを勝つことを信じて応援しておるファンがたくさんいらっしゃる。
    競馬ファンで的場ジョッキーを嫌いな個々はいません。
    本人はダービーを勝たないと辞められないとも仰っているようです。
    長く続けてほしいといった思えば勝たないサイドいいかもしれませんが、断然ダービーを勝つ的場ジョッキーが見たいですね。
    川崎の鉄人事態佐々木竹見様で60歳まで騎乗しました。
    的場ジョッキーにも長時間は残っていません。
    翌年こそ、都内ダービーで勝つ的場ジョッキーを見たい、そうして応援していきたいとしていらっしゃる。人気のホームページ