壌土をこねて始めることがまた楽しくなってきた

    陶芸講習に通い始めて3年になるかな。最近は一際作りたいグッズもなく、講習の前日にネットで「陶芸」という検索して出てきたグッズから、いいなという物を作ったりしていた。ちょっとマンネリ化してきてて、辞めようかなと想うこともあった。
    ただし前月、電動ロクロに初挑戦してからは、おもしろい気分が再燃してきた。
    電動ロクロ、ドクター曰く「2つの型に分ける」分けるようだ。おっかなびっくり徐々に回転させる人間と粗相を恐れず面白く高速回転させる人間。どうも我々は後のようです。
    最初にドクターに教育をしてもらった後は自分の感覚でビュンビュン回して4つほど作った。ついになのでおっきいを作るのは難しいので、ぐい?みになりそうな物を3つといった減量モードになりそうな茶碗を一つ。
    あす、僅か乾燥して粘土が硬くなった状態で今度は少なく削る進め方。これも電動ロクロを使うのだが、私的には昨日までのデキ(厚み)で十分なんだけど、ドクターの作品を見せてもらうといった暑さ2〜3mm。ドクターもしょっちゅう2進行に分けてやると聞くと私もあげるしかない!ここで失敗すると前日の訓練が元の木阿弥・・・。さすがに2お天道様まぶたは慎重になった。
    但し、やって良かった。無い場という厚い場があり均等ではないけれど、昨日よりも断固様式良くなった。持ち越し、素焼きされた入れ物に会うのが快楽です。http://xn--u8jb5h4eph8bm8du126bhyb057g92rz4y.com/