元ジョッキーが都内パラリンピックを目指す

    落馬につきジョッキー大切を絶たれた元ジョッキーが障がい馬術で都内パラリンピック出席にかけている。
    常石勝義くんという石山繁くんのお両人だ。
    お両人とも面倒試合で落馬、いま脳に面倒があり、諳記技能が低下する様子があるということです。
    前日覚えたこともあす忘れて仕舞うのだそうです。
    前日会った自身も覚えていないということです。
    大きな障がいがカラダに残ってしまうような落馬を通じても、また、馬にのぼりたいというのは、個人的には想像できません。
    怖くないのかなって思います。
    も、当然馬にのぼりたいというのだそうです。尊敬しますよね。
    もしも自分がカラダに障がいが残り、生活にも支障がある状態で、目論見を持って通じることができるだろうか?
    いいえ、必須無理です、通じる気力を失い、ただ生きているだけで何もしないでベッドの中で越すのはないかと思います。
    それを別途上を目指そうと考えることができる自身って必ずパワーが手強いって思います。
    自分では必須出来ないことなので、両人を応援していきたいと思います。
    もしも、両人がオリンピックに出席することが出来たら、たくさんの人が盛況をもらえるし、何よりも本人が大きな自信を持つことができると思います。
    障がい人にとっても困難勇気になります。
    都内オリンピックまで後5年頃。お両人が競技を続けていけるように願っています。無修正エロ動画比較サイトはココ